キャップアートパネル アンジョウハーツ

キャップアートパネルはペットボトルのキャップ100%のリサイクル製品です。パネルにキャップをはめてドット絵を作成しょう!

お客様の声

南部町社会福祉協議会(鳥取県) 石原司子さま

商品購入を決めたきっかけは?
南部町社会福祉協議会では、福祉教育の一環としてリサイクル活動・ ボランティア活動でペットボトルキャップを回収し、途上国の子ども達にワクチンに替えて送る活動をしています。町内の保育園、小学校、中学校を巻き込んで回収をしていますが、回収だけでなく楽しみも交えながら取り組みたいということで、目にとまったのが、ペットボトルキャップアートでした。いろいろ調べながらアートのパーツがあることを知りキャップの再利用も簡単であるということの魅力も感じられ商品購入させていただきました。また、1セット購入するとワクチン、一人分に変わることも魅力です。
製品を使用した感想は?
・簡単にパーツにはめ込むことができて子どもたちもとてもやりやすい。
・パーツを増やしたり、アートの拡大もでき、いろいろな方向から楽しめる。
使用したお子様方の反応は?
キャップの回収、分別だけでなくみんなで絵をつくる。という魅力 を「ああだね!」、「こうだね!」と楽しくつくりあげていきました。
周りの方からの反応は?
館内に展示し地域の方にも見ていただきました。皆さん足を止めて「すご~い!」と見てくださいました。町内の2つの小学校にも展示させていただきました。子どもたちも興味を持ってくれました。
追加注文した理由は?
町内での大イベント「南部町ボランティアフェスティバル」の開催にてペットボトルキャップアートに挑戦。日頃集めているキャップを利用し、子どもから大人までみんなが参加し巨大ペットボトルキャップアートに挑戦です。町民みんなでボランティア活動・リサイクル活動に参加する場作りをしたいと思います。

お見積り作成コーナー


ご注文を希望のお客様へ

以下より注文方法をお選びください
フォームから登録 FAXから登録
  • 検索

  • ギャラリー

    キャップアートギャラリー
    今までの作品が満載のフォトギャラリー
  • コンテンツ

    • アンジョウ・ハーツ公式ブログ
    • 若手エンジニア、3度のメシよりものづくり
    • 安城商工会議所
    • きゃぷらも

このページの先頭へ